学生の時はテストや入試の為に英語を勉強していましたが、最近では海外の言葉にとても興味があり色々な国の言葉を知りたいなと思うようになりました。

現在、英会話とドイツ語会話を習っているのですが
ドイツ語においては、とても難しいなと感じつつも少しずつ言葉を知っていけることに楽しみを感じるようになりました。

友人や家族からは英語ですら、あまり話せないのになぜドイツ語も習っているのか?とよく聞かれます。
最近だとグローバル化も進み海外の人がたくさん日本にいるのを考えると英語を話せるようになっておきたいなという気持ちになったから再度勉強し英会話スクールに通い始めたので、ドイツ語についてはこの考え方とは別の気持ちで話せるようになりたいとの思いがあり始めました。

私はピアノを弾くので本場のドイツの講師に習ってみたいという思いとドイツには行ってみたいなと考えているので、当然ドイツ語は話せるようにならないといけないかなと思いました。

英語は学校で習っていたので、あまり文法等については問題なく入っていけたのですがドイツ語は英語とは違い文法が難しい、特に格変化があるのでなかなか思うように自分の中で浸透していってないなと感じるのですが
ヨーロッパの言葉だからか、若干似てるなと感じるところもあり最近では、いろいろな言葉の挨拶を調べたりしていると共通したり、似ていたりしていて新たな発見と面白さを感じます。

大人になって勉強するなんて考えてはいなかったのですけど覚えたり知識が増えていくことって こんなに楽しいものなんだなと最近は実感させられます。

英語とドイツ語がもう少し上達したら別の言語にも挑戦していきたいなと思います。

ocn光 代理店 おすすめ