パチンコというと1玉4円です。
4円で購入して遊んで、出球を換金します。
換金する時は4円ではなく少し安くなりますし手数料も取られます。
パチンコで当たった時にはわくわく感、どきどき感が感じられました。
しかし、なかなかあたらないため、お金ばかりが出て行ってわくわくもどきどきもありません。
出る時は出るのですが出ない時はさっぱりです。

最近はパチンコはなかなかでません。
数年前から4円パチンコから1円パチンコ、通称イチパチが増えてきています。
1円1玉になりますのでパチンコ屋さんは儲けがへりますし、パチンコをするほうも低い投資額で遊ぶことができます。
ですので、パチンコ離れを解消できるのですが、それでもパチンコの人気は回復しません。
そのため、さらに下落して1玉0.25円となるパチンコも一部にはあります。
こうなると、パチンコのギャンブル性はほとんどなくなり、単なる暇つぶしなのかとも思えます。
日本の経済の状況はパチンコまでデフレ状態になっているのが現状です。
パチンコの面白さも下がってきましたし、値段が下がっても面白さも下がってはパチンコファンは戻らないでしょう。